志朗ニュース

9.27にタイ・パタヤで行われた試合のインタビュー

52-1

試合日  2012.9.27
試合会場 PATAYA THEPRASIT YOKKAO BOXING STADIAM
結果   5R判定負け

9月27日 パタヤで行われた試合について、インタビューしました。
問:今回は、判定負けでしたが、今年、初めての黒星でしたね?
志朗:はい
問:ジムのガイスイットトレーナーによると試合の前日、熱があって、病院に行ってから来たということでしたが、試合前から体調が、悪かったのでしょうか?
志朗:試合の3日前から、体調が悪くなり、2日前に小さい病院に言って診察をしてもらいましたが、 風邪かもしれないと言われて、点滴をして休んでいました。
試合当日も体調は回復せず、身体が熱いので、当日の朝、10時頃、今度は、大きい病院に行って診察してもらいました。やはり、すごい熱があって、解熱剤を打って試合会場に向いました。
問:よくそれで、試合出来ましたね?
志朗:リングに上がると不思議と気力が出てきて最後の5Rまで闘えましたが、2R目の中盤からは足も上がらず、力が入りませんでした。パンチも空打ちになり、首相撲をやっても力負けをしてしまいました。

問:そんなに無理をして、試合後は大丈夫だったのでしょうか?
志朗:その日は、試合が終わった後、少しごはんは食べられたのですが、次の朝は、立てない位辛くて、もう一度病院に行って、熱を測ったら、41度まで熱があって調べたらインフルエンザA型でした。ジムの子供に移されたようです。
問:タイでインフルエンザというのは珍しいですね?
志朗:自分もタイでインフルエンザになるとは思ってもいませんでした。
問:試合内容はどうでしたか?

志朗:それでも、3Rまでは引き分けでしたが、4R目にスタミナ切れで首相撲で一回倒されて負けてしまいました

問:具合が悪くても、決まっている試合には出なくてはいけないのでしょうか?

志朗:いいえ、トレーナーからは、本当は試合をするなと言われました。しかし、日本からスポーツライターの布施鉱治さんと、いつも写真を撮影してもらっている早田さんがパタヤまでわざわざ見にきてくれるということで、どうしても試合をしたかったから出ました。
小さい頃から、新聞に布施さんの記事が載ると記事の切り抜きを父から貰って読んでいたので、もう少しちゃんと試合を見せたかったです。

問:闘ってみて、相手の選手の印象は?

志朗:体調が良くなかったから、よく分かりませんが、相手の方が少し大きくてミドルキックと肘が強いという印象を受けた選手でした
問:現在の体調など。
志朗:今は完全に治りました。次、10月20日の地方での試合が決まっています。
当日は、サムランチャイとサーカイも出場します。
同じ日にジムから3人も出場することは滅多にないので、楽しみです。
バンコクから車で4時間から5時間ぐらいかかりますが、きれいな海水浴場があるので帰りは、そこでみんなで遊んできます。
今は、その日向けて練習しています
よろしくお願いします。

写真提供/シンラパ・ムエタイ 早田寛

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中