志朗ニュース

プロ4戦目に向けて、特訓しています

9月初旬から、タイ・バンコク、クロントィ地区にある96ピーナンジムで、志朗は特訓を続けている。

写真は、「ミット蹴り」

コーチを対戦相手に見立てて、蹴りの角度や、距離感を覚える実践的な練習を行う。

キックが主武器になるムエタイでは、選手にとっては重要な強化訓練だ。

志朗は、このミット蹴りを含めた練習を、毎日朝晩6時間、休むことなく行っている。

タイの若手に入り込み、本格的なムエタイ特訓を、長時間励む志朗は、タイのムエタイ界でも異彩を放つ。

志朗の日本でのプロ4戦目が決まった

2011年1月16日、東京行楽園ホールで、

日本バンタム級の試合にでる。

相手は、日本バンダム級3位の阿部泰彦(JMN)選手。

阿部泰彦選手は、キャリア10年を超すベテラン選手。志朗がこれまで闘ってきた相手より、はるかに強敵だ。

勝つため、ミットを蹴りあげる音が重く、そして素早くなる。

そして、さらに特訓が続く・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中